DIR EN GREY 9th ALBUM『ARCHE』(2014.12.10 RELEASE) 特設ページ

STAFF BLOG

ARCHE PREVIEW 「濤声」

December 14, 2014 JAPANESE

クリーンとディストーションの融合が素晴らしい1曲。きれいにまとまるだけではなく、非常に力強く背中を押されるような曲です。

 
 
シンプルでキレイな曲。京の高音キーが心にまでくるような力強い曲とも感じる。
 
 

京さんの優しい面が大きく表現された曲。DIR EN GREYらしいバラード。
 
 

イントロのギターがとても忘れられないほど耳に入ってくる。サビもとても聞き入ってしまうほど優しい曲。
 
 

悲しいギターの音、スネアの音とよくあっている。合間のハイハットがいい。サビまでの思い感じから一転してサビでは救われるような京さんの声。スネアでの終わりがいい。
 
 

悲しみ、苦しみを想起させることで忘れてしまったことを忘れてしまっている今の自分を責められた気がします。
 
 

透き通るような、キレイな曲。波紋がどんどん広がっていくイメージでした。一途に相手を想う気持ちになりました。
 
 

一聴しても感動しましたが、聴けば聴く程ハマりそうな感じがめっちゃします。
 
 

静かなんだけど体にガツンってくる。京くんの声が心にしみる。涙が出そうになった。
 
 

優しく静かに浸透してきていると思いきや、実は強く突き刺ささってくる感覚の曲。
 
 

『MISSA』『GAUZE』『MACABRE』の頃のように一人称で詰められる「痛み」。懐かしさを感じた。