DIR EN GREY 9th ALBUM『ARCHE』(2014.12.10 RELEASE) 特設ページ

STAFF BLOG

ARCHE PREVIEW 「咀嚼」

December 14, 2014 JAPANESE

ミドルかつダウナーな曲調であるが、京さんの声が明瞭に映える曲。特にスタート時のファルセットは圧巻。
 
 

空気が一転し、夜明け前の海を進むような澄んだ印象がありました。特にサビの広がりが印象的で本アルバムを印象づける1曲です。
 
 

空に突き抜けるようなメロディーが、京さんの声がとてもきれいです。
 
 

好きですね。この曲ギターが良い。
 
 

邪悪なイントロが印象的。曲が進むにつれ、きれいなメロディとあやしげなメロディの交差が素敵だ。
 
 

ギターリフ、ギターソロ共にかっこいい。この世界観がたまらなく良いです。
 
 

楽器が印象に強く残る。ギター、ベース、ドラムにそれぞれの見せ場がある
 
 

タム回しが多くかっこいい。ライドの合間に入るタムの音がいい。終わりのギター2本の音がすごくきれい。
 
 

イントロのギターリフの邪悪感が良い。邪悪さに対してサビが美しい。妖しさが音と化す、という言葉にぴったり。

 
 
京くんの声がたくさんあってキレイだった。ノれるところはすごく頭ふりたくなるけど、聞くところは目をつぶりながら聞いていたい。

 
 
京さんの声が曲の感じとは真逆で優しく聞こえました。でもサビの声は痛みを感じさせるような不思議な曲です。
 
 

低音がかっこいい。痛みというよりも苦しい。不安感を煽られている。でも心地いい。